ホーム > 基礎体温でダイエット > 産後ダイエット

産後ダイエット

出産を経験した人ならお分かりでしょうが、少なからず赤ちゃんの体重と羊水、胎盤の重さ以上に妊娠時期は体重が増えやすいものです。

赤ちゃんの為に栄養を摂らなければいけない上に、妊娠前と違って体を動かすにも限界というものがあるからです。予想以上に体重が増え、医師から叱られながらも出産までこぎつけ、いざ出産してみると、あまりの体重の重さに驚く人も少なくありません。

母乳を与えていると体重はどんどん減少していくとよく言われていますが、全員がそうでもないようです。育児をしながら効率よくダイエットしまければいけません。

 

産後ダイエットは6ヶ月が勝負

産後ダイエットは、出産後6ヶ月が勝負と言われています。

この半年で痩せることができるかできないかで今後のダイエットが大きく変わっていきます。

逆に言えば、産後6ヶ月がダイエットのチャンスなのです。妊娠時期に運動の制限を余儀なくされ、出産後はポッコリ出たお腹に悩んでいる人も多いでしょう。まだ半年もあるし、生まれたばかりの赤ちゃんの世話でダイエットどころじゃない! もう少し落ち着いてから……なんて言っていると、中々痩せることができない体になってしまいます。

 

体温をあげよう

妊娠中はあまり体を動かせず、動作もゆっくりになり、結果として筋肉量が落ちてしまいます。

筋肉量が少なくなると言うことは、それだけ基礎代謝も落ちてしまっているということです。基礎代謝が落ちているといいうことは、食べたものをエネルギーに変えづらくなっているので、その分体に脂肪として蓄えてしまい、太りやすい体質になってしまいます。

基礎体温を測る

試しに基礎体温を測ってみましょう。基礎代謝が落ちているために、理想的なグラフを描いていないのではないですか? 高温期が低くなっているかもしれませんね。しっかりとグラフをつけ、痩せ期をみつけて効率よくダイエットに取り組みましょう。運動することにより体温も上がり、それを習慣づけることで基礎代謝も上がってきます。冷え性の人は基礎代謝が悪いことでもわかるように、反対に体温を上げると基礎代謝も上がってきます。

 

広がった骨盤を元に戻す

産後太りの一番の原因は、骨盤の広がりにあります。

本来狭くなっている骨盤を赤ちゃんが通りやすいように、ホルモンの働きによって靱帯や骨盤を緩めることをします。こうして骨盤を通って赤ちゃんが産道まで降りてくるのですが、妊娠してから出産までの間、徐々に大きくなるお腹と共に、骨盤の周りの筋肉や腹筋が伸びていきます。

産後もこのまま放っておくと骨盤は開いたまま、筋肉も伸びきったままになってしまい、体は開いた場所から内臓を守ろうとして脂肪を蓄えてしまうのです。脂肪を蓄えてしまう前に骨盤の広がりを解消しなければいけません。産後ダイエットは6ヶ月が勝負という意味がお分かりでしょう。

骨盤体操

骨盤の開きをそのままにしていると、加齢と共に静脈瘤ができやすい傾向になってしまいます。出産後3ヶ月後くらいから骨盤体操を始めてみましょう。産後に限らず骨盤の開きは脂肪をため込むことにつながります。骨盤を矯正するベルトを使用しながら骨盤体操をするのもいいでしょう。

  1. 仰向けに寝て足の先を伸ばします。反対の足は足のうらがつった時に治すように、かかとを前に突き出します。
  2. そのままの状態を5秒キープし、両足交互に5回ずつ繰り返します。
  3. 次ぎに両足のかかとを突きだして、つま先を着けるようにしてハの字にして5秒キープし、次ぎに足を反らせてハの字にし、5秒キープします。これを5回繰り返します。

これを1日1〜2回繰り返して行いましょう。足を前に投げ出してのお尻歩きも効果があります。前に進むだけではなく、後ろにも進んでお尻歩きしてみましょう。