ホーム > 基礎体温でダイエット

基礎体温とダイエット

基礎体温とダイエット、関係ないと思っていませんか?

基礎体温を測ることでダイエットに有効なタイミングが分かります。無駄なダイエットをしないためにも、基礎体温のリズムをつかんでおくことが大切です。

自分の体のことをよく理解した上でダイエットに取り組んでいきましょう。また、基礎体温をもとに、基礎代謝を上げることも大切です。自分の基礎体温の高温期が低くないか、ダイエットの前にチェックしておきましょう。

 

痩せるタイミング

基礎体温を測っていると、グラフからホルモンの変化が見て取ることができます。

基礎体温の生理周期を5つに分けると、
1:卵胞期
2:排卵前後
3:黄体ホルモン期
4:生理前
5:生理時
に分けられます。

このうち痩せやすい時期はいつだか分かりますか?

卵胞期、排卵前後が痩せ期になります。

こうして基礎体温を測っていれば、そのタイミングを見逃すことなくダイエットに役立たせることができるのです。正しく基礎体温を測っていれば、いつが痩せ期なのかが一目でわかるはずです。

 

ダイエットとの関係

基礎体温を測ることで、無駄なダイエットをしないようにできます。痩せやすい時期、痩せにくい時期を把握し、更には停滞期を理解していると、より一層効果的なダイエットに取り組むことができます。

何よりも、自分の健康管理ができますし、産後ですので次の生理がいつくるのか分かりませんよね。基礎体温をつけていることによって、産後初めての排卵がいつ来たのかも分かりますので、一度も生理を迎えないまま次の妊娠をするということも避けられます。基礎体温はダイエットだけではなく、様々なことに役立つのです。

 

痩せ期に頑張る!

基礎体温を測って痩せ期が分かったら、積極的にダイエットに取り組みましょう。

規則正しい生活を送るのはもちろんのこと、基礎代謝が上がっている時期でもありますので、軽いものでもいいので積極的に生活の中に運動を取り入れていきましょう。軽いストレッチなどでもいいのです。テレビを見ながら、雑誌を読みながらでもできるストレッチは、『運動しなければ……』という意気込みも必要ないので気軽にできるのではないでしょうか。

痩せづらい時期にいくら頑張っても思うように体重は落ちないものです。痩せ期を狙って積極的に取り組み、体重などを基礎体温のグラフをつけるように、毎日測ってもいいでしょう。グラフにすることにより、定期的に訪れる停滞期のパターンも読めてきますし、自分への励みにもなるでしょう。