ホーム > 基礎体温とは > 基礎体温と妊娠

基礎体温と妊娠

妊娠すると基礎体温に変化が訪れます。赤ちゃんを望んでいる人は、すでに基礎体温を測っているでしょう。妊娠するとどのように基礎体温が変化していくのか、把握しておきましょう。

 

排卵日を知る

通常の基礎体温グラフだと、低温期の最終日にガクンと体温がさがります。それを境に高温期に入りますが、その一番体温が下がった前後が排卵日になります。一方、基本的な基礎体温のグラフのパターンにならず、低温期も高温期もはっきりしないグラフの場合、無排卵状態になっています。ですから体温が極端に下がるグラフにはなりません。もし赤ちゃんが欲しいのであれば、この前後の確立が高いと言っていいでしょう。排卵日当日だからといって、必ずしも妊娠できるわけではありません。排卵日の前日か前々日が高い確率のようです。

それは本当の排卵日じゃない!?

ここまでは一番体温が下がった日が排卵日と述べてきました。これは一般に言われる排卵日のことです。病院の医師もそう指導している人が多いでしょう。厳密に言えばこれは間違いです。

排卵をしたときの基礎体温グラフは、排卵日を境に高温期に入ります。一番体温が低くなったからといって、そこから高温期に入らないのであればそれは排卵日ではありません。

一番体温が下がった日よりも、若干体温が高めでも、その日を境に高温期に入るのであれば、それが排卵日になります。一般的には一番体温が下がったりするのもあながち間違いではないのですが、赤ちゃんが欲しいのであれば、ちゃんとした排卵日の見方を知っておくことが大切です。

おりものが増えると排卵日だと勘違いしている人もいるようですが、おりものが増えるのは排卵日の前ですので、勘違いしないようにしましょう。

 

高温期と低温期

通常でしたら、基礎体温表のグラフは2層に別れているはずです。低温期が続いたあと、排卵があり、それを境に2週間ほどの高温期に突入していきます。高温期・低温期の境目がなかったり、グラフが一定のパターンを示さない場合、無排卵かホルモン異常の場合が考えられますので、しっかり医師に相談し、治療して妊娠を目指しましょう。

 

妊娠すると基礎体温表はどうなる?

基礎体温は、排卵を挟んで高温期に入りますが、2週間を過ぎてもグラフの下降が見られず、反対に37℃前後まで体温が上がった状態が保たれます。

妊娠すると、その状態を維持しようとしてプロゲステロンというホルモンが働くためです。

基礎体温表の特徴としては、高温期が続くというものですが、もう一つの特徴として、ガクンと下がるはずの排卵日がはっきりしないと言うことです。

高温期が3週間以上続くようであれば、妊娠の可能性が高いということです。もしも妊娠しているかもしれないと思うのであれば、基礎体温表を持参して産科を受診してみましょう。

グラフ-妊娠すると基礎体温表はどうなる?

COLUMN〜妊娠中も基礎体温を

赤ちゃんが欲しくて基礎体温を測っていた人も、妊娠を境にやめてしまう人も多いです。赤ちゃんを授かった安心感なのでしょうか。

自分は妊娠前も妊娠後もずっと基礎体温を測っていました。

妊娠が分かったのが9週目。12週に入る頃でしょうか。

それまで高温期を保っていた基礎体温のグラフが急にカクンと下がったのです。妊娠雑誌などをこれでもかというくらい読んでいましたので、赤ちゃんが危ない! そう思って基礎体温表を片手にかかりつけの病院に駆け込みました。『気にしすぎ! もう基礎体温なんてつけなくてもいいよ〜!』という医師の言葉を背中に帰宅したのですが、その夜に出血してしまったのです。

すぐに入院になったのですが、医師の言葉よりも基礎体温が正確だということでしょうか。その後も2度、基礎体温がカクンと下がり、その都度出血して入院となりました。基礎体温をつけていたお陰で出血の予測ができ、入院の準備までしていたのです。あの頃大騒ぎをして病院の往復をしましたが、そのときの子供も高校生になって、元気に学校生活を送っています。