ホーム > 基礎体温とは > 基礎体温ってなんだろう

基礎体温ってなんだろう

基礎体温は寝ながら測るもの。そう思っている人いませんか?

あながち間違いではありませんが、厳密に言うと、熟睡しているときのような、体全部の機能が一番静かな状態の体温のことです。でも、寝ている時には測れませんので、目が覚めたら体を動かす前に測るというふうになっていますね。

 

基礎体温の意味

どこか調子が悪くて産婦人科に行ったとき、『基礎体温を測って記録し、持ってきてください』と言われることがあります。何故だと思いますか?

きちんと測った基礎体温からは、様々なことが分かるからです。月経から月経を1サイクルとした段階の中で、一定のリズムを持って体が変化していることがわかります。常に変化している体のことを知るには、基礎体温が一番なのです。基礎体温を測ることによってつけられる基礎体温表は、ホルモンの環境を見るといってもいいでしょう。ホルモンが正しく分泌されているかどうかのバロメーターになるのです。毎朝同じ時間に基礎体温を測るのは確かに面倒くさいです。でも、これによって病院での診察のヒントにもなりますし、何より自分の体を知ることができます。

 

基礎体温で分かること

基礎体温をつけていて、グラフから読み取れることの代表的なものとして、排卵日と妊娠があります。

正常なグラフを刻んでいれば一目で分かるものです。その他にもホルモンの変化や子宮内膜の厚さの予想なども分かります。このことから、婦人家系の病気や妊娠したい時などは尚のこと、基礎体温をつけるのが望ましくなってくるのです。診察の助けにもなることから、病院に行く前から基礎体温をつけることを習慣づけておくといいでしょう。もちろん風邪で体調が悪い時や、夜更かしして寝不足だった時などは、基礎体温にも変化が出てしまいますので、診察のときに分かりやすいように、備考欄やメモ欄に書いておきましょう。

 

グラフで見分けよう

基礎体温を測ったらグラフに記入していきます。理想のグラフ像は、あくまでもパターンであって、似たように高温期、低温期、排卵日と別れていれば問題ありません。

基礎体温の理想的なパターン

低温期から高温期へ移行するまで1〜2日で、高温期が2週間前後続きます。低温期と高温期の基礎体温の差が0.3〜0.5度になります。あくまでも理想的なパターンですので、必ずしもこのグラフと全く同じでなければいけないということはありません。個人差がありますので、多少のグラフ変動はあるでしょう。

パターン1

基礎体温の高温期が短いパターン

高温期を保っていれずに、低温期が長くなってしまうパターンです。排卵もある人とない人がいるでしょう。仮に排卵があっても、黄体機能不全で妊娠しにくいタイプと言えます。血液循環が悪くなっている状態とも言えます。

パターン2

基礎体温の高温期が不安定なパターン

高温を保ちきれずに、時折カクンと体温が下がってしまうパターンです。エネルギーや血液中の栄養分が不足していたり、生殖器系や消化器系の働きの低下、自律神経の乱れなどが考えられます。

パターン3

基礎体温が高温期に移行するのに時間がかかるパターン

低温期から高温期に一気に上がることができずに、時間がかかるパターンです。体が冷えているために、一気に高温まで持って行く力がありません。冷えの他にもストレスや自律神経の乱れもあると考えられます。

パターン4

基礎体温の変動が激しいパターン

基礎体温の温度差が激しいパターンです。かなりストレスがたまっていると考えられます。自立神経の乱れはもちろんのこと、感情の起伏が激しい、冷え、生殖機能の低下が考えられます。

パターン5

基礎体温の高温期が低いパターン

低温期と高温期の体温の差が0.3度以下で、高温期の体温が低いパターンになります。冷えや生殖機能の低下が考えられます。

パターン6

基礎体温の低温期が長いパターン

低温期が長く、生理が始まってから排卵までの期間が長いパターンです。あまり長いと稀発月経になります。冷えから血流が悪くなっている、生殖機能の悪化などが考えられます。

パターン7